ふじみ野市で歯周病治療なら、上福岡のさいとう歯科医院

Tel:049-261-0349

歯周病治療

歯周病は歯を失ってしまう原因の1位の歯周病とは?

歯周病とは、歯の周りの歯肉(歯ぐき)や歯槽骨に起きる病気で、以前は、「歯槽膿漏(しそうのうろう)」と呼ばれていました。虫歯と違い痛みがないため、発見が気づかずに歯周病にかかっている方が多くいらっしゃいます。

歯茎が腫れる、口臭がひどくなる、歯がぐらつくなどの症状が気になる方は早めに当院へご相談ください。

歯周病は歯を失ってしまう原因の1位です。一度罹患すると自然治癒することはありません。歯周治療はその進行を停止あるいは抑制することが目的とされ、歯周病の原因となる細菌を減少させるための治療を行います。

歯周再生療法

 

40歳以上の8割の人が罹患する歯周病

歯周病は、40歳以上のなんと8割の人がかかっていると言われます。

自分の歯を長く保つためには、歯周治療は必ず必要になってきます。いくら立派な詰め物や被せ物を作っても、その土台となる歯肉が歯周病にかかっていれば永く持つわけがありません。

また、歯周病は正しいブラッシングによってもある程度予防することが可能で、軽度の歯周病なら治るケースも多くあります。

正しい歯周病予防を行い、80歳で20本以上の歯を一緒に残していきましょう。

歯周病治療の流れ

  • 診査(歯周基本検査、口腔内写真、レントゲン検査、プラーク検査など)
  • 状態の説明、治療計画
  • 歯ブラシ指導、歯石除去、クリーリング
  • 再検査
  • 改善されていないところは歯肉の中の歯石除去
  • 再評価
  • 歯周外科手術(再生療法自由診療を含む)

歯周再生療法の症例

下記の症例は、赤丸で囲われた部分(歯と歯と間の骨や歯肉)が歯周病により、痩せてしまっていたのを、再生療法により増やした症例です。

オールセラミックの症例

オールセラミックの症例

治療後のメインテナンスの重要性

歯周病は、一度罹患すると、その細菌が完全に消えることはありません。

そのため、日頃のブラッシング、セルフコントロールと並行して、定期的に歯科医院で口腔内清掃を行う必要があります。

10年後の経過観測をみると、メインテナンスをした人としなかった人を比べると、その歯を失う数は2.7倍にもなることが文献でも発表されています。

継続的なメインテナンスが大切な歯周病治療後ですが、当院スタッフとともに頑張りましょう!

0492610349お問い合わせ